DA-3000(その2)

エージングも50時間を超え、やっと少し落ち着いてきたかな~?程度にはなってきました。

今回はクロックの有無による音質比較を。


楽曲は久石譲の「ザ・ベスト・オブ・シネマミュージック」よりSummer。

・外部クロックを使用(レンタル中のAntelopeOCX)
音が細やかで、一音一音の分離も大きく向上。
全体的に音が滑らかに繋がる印象です。
特にクラシックなので楽器の音が粒立ち良く聴こえ、より実在感のある音楽を楽しめます。

細やかになることで音が細るような印象が無いのがOCXの良さでもあると思います。
真面目過ぎず、楽しく聴ける表情に仕上げてくれる印象でしょうか。

・内蔵クロックを使用。
以前使用していたDAコンバータに比べるとそもそもの性能が大きく異なります。
※Matrix-Mini改はクロックもより高精度のものに換装ずみでした...。
奥行き、低域の量感、そして広域の伸び。全てにおいて大きく音質を向上しています。

ずっと使用していたMatrix-Mini改の名誉のためにも書きますが、中域の密度感はMatrix-Mini改のほうが上です。
しかしトータル的にはDA-3000のほうが断然音が良いため、今は今は使用していません(;´Д`)

さて、脱線しましたが外部クロックと内部クロックの音質差ですが
やはり内部クロックへ切り替えると、とたんに音が「硬く」なります。

かっちかちの音が好みならば、ある意味悪くはないのですが...
一音一音をしっかり丁寧にかっちりと表現するのと、ただ硬いのとでは天と地の差がありますよね...。

すぐに外部クロックを通して使用するモードに戻しました(;´Д`)

一応、TASCAMの名誉の為に書きますが、決して内部クロックは悪くありません。
DACとしての性能も高く、また精度も(内蔵にしては)非常に高いのが、(クロック換装したMatrix-Mini改と比べても)一聴して解ります。

テストしてBlogの文章にして、確認する度にDA-3000のコストパフォーマンスの高さを再認識しますね。

そろそろメディアによる音質差もテストしてみたいですねぇ...。
また時間があるときに!

THE BEST OF CINEMA MUSICTHE BEST OF CINEMA MUSIC
(2011/09/07)
久石譲、Masako Hayashi 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : TASCAM DA-3000

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toufu-k

Author:Toufu-k
大阪に生息する麺食・オーディオ・カメラ野郎です。
オーディオ・カメラ・ドールの3大沼に脚を踏み入れしもの。
ピュアオーディオ?いえいえ、プアオーディオです。
ドールは現在お休み中。今後復帰するか全く不明。
※アイコンのイラストは山田石人先生から使用の許可をいただいています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter